“Screen Watermark” エンタープライズ版

ポリシーの概念

管理者は、Webコンソールを使用してグループまたはユーザーに配布する画面透かしポリシーを作成します。 (複数の透かしポリシーを作成できます)

同じポリシーをすべてのユーザーに適用することも、各ポリシーを各グループまたはユーザーに適用することもできます。

エージェントプログラムが実行されている場合でも、ポリシーによって透かしが表示されない場合があります。

管理者は、AD、SSO、またはエージェントプログラムにログオンするときに適用されるポリシーを設定できます。管理者は、ログオフ時に適用されるポリシーを設定することもできます。

エージェントプログラムの説明:

PCの再起動時に自動的に再起動します(セーフモードでも自動的に起動します)

マルチセッションのサポート:画面の透かしは、ユーザーが切り替えられたときにユーザーセッションに表示されます。

エージェントのログオン方法:次の4つのタイプをサポートし、管理者はそれらを設定/変更できます。

  • 匿名ログオン:
  • Active Directoryログオン: ユーザーがADにログオンすると、エージェントプログラムも対応するADアカウントで自動的にログオンします。
  • SSOログオン: ユーザーがSSOにログオンすると、エージェントプログラムも対応するSSOアカウントで自動的にログオンします。
  • ID /パスワードログオン: エージェントプログラムが起動すると、IDとパスワードを要求するログオンウィンドウが表示されます。

エージェントプログラムの主な機能:

指定された環境に応じて透かしを表示または非表示にする機能

  • 顧客のポリシーによると、透かしは社内で非表示にできます。透かしは、PCが外部で使用されている場合にのみ表示されます。通常、透かしは表示されませんが、特定の条件が満たされた場合に表示されます。

エージェントプログラムは、ユーザーが現在適用しているポリシーが変更されているかどうかをWebサーバーに定期的に問い合わせ、ポリシーが変更されている場合は、変更されたポリシーが反映されます。

テキスト透かしの4つのグループをサポート

  • グループごとにさまざまな出力場所を指定できます
  • ウォーターマークでActive DirectoryまたはSSO情報を表示できます。
  • ユーザー定義のメタデータをウォーターマークに表示できます

4画像透かしサポート

  • png、bmp、gif、jpg画像をサポートします。

自己保護機能

  • プロセス/スレッドの強制終了の防止: ユーザーは、タスクマネージャーなどのツールを使用してプロセス/スレッドを強制的に強制終了することはできません。
  • プログラムファイルの削除防止: エージェントプログラムに関連する実行ファイルやデータファイルは、エクスプローラなどで削除できません。
  • プログラムのアンインストール防止: ユーザーはプログラムをアンインストールするためのパスワードを知っている必要があり、ユーザーはエクスプローラーなどからプログラムファイルを強制的に削除することはできません。
  • PCが起動すると、エージェントプログラムが自動的に実行されますが、ユーザーはこのポリシーを削除できません。
  • エージェントプログラムは非表示状態で実行できます。 (トレイバーに隠れています)

WEBコンソールの主な機能

管理者は、作成している透かしポリシーをプレビューできます。

(作成している画面透かしポリシーが画面にどのように表示されるかを確認できます)

管理者は、グループまたはユーザーごとにポリシーを割り当てることができます。

ユーザーアカウントがWEB DBに保存されている場合、ポリシーを各グループ/ユーザーに割り当てるか、選択したユーザーのエージェントプログラムをリモートで終了または削除できます。

大切なお客様

INCOME

Singapore

Virtuos

Vietnam

Continental Automotive GmbH

Germany

TRY IT FOR FREE NOW

We're Here To Help!

Company

xSecuritas, Inc.

Address

3250 Wilshire Blvd. Suite 2008 Los Angeles CA 90010